債務整理 2023/09/22

債務整理に必要な費用は?相場やおすすめの弁護士・司法書士事務所を紹介

債務整理は費用をかけてでもプロに任せることで、早めに借金問題を解決できます。しかし、費用の相場やどこに依頼すべきなのかわからない人も多いのでは?

この記事では債務整理の費用の実例を参考に、現実的な返済計画を立てられる弁護士・司法書士事務所を紹介していきます。

※当ページのリンクには広告が含まれています。

おかねの教科書 編集部

執筆者 おかねの教科書 編集部

おかねの教科書編集部です。

目次

ベリーベスト
法律事務所
サンク総合
法律事務所
弁護士法人
プロテクトスタンス
浜松町歩
法務事務所
新大阪法務
司法書士事務所
司法書士法人
みつ葉グループ
ベリーベスト弁護士事務所のロゴ 弁護士法人サンク総合法律事務所のロゴ プロテクトスタンスのロゴ 浜松町歩法務事務所のロゴ 新大阪司法書士事務所のロゴ みつ葉のロゴ
相談料 無料 無料 無料 無料 無料 無料
債権額140万超
への対応
× × ×
任意整理の
着手金
44,000円(税込)
/1案件
55,000円(税込)
/1案件
55,000円(税込)
/1社
10,000円 11,000円(税込) 55,000円(税込)
/1社
任意整理の
解決報酬金
22,000円(税込)
/1社
11,000円(税込)
/1社
10,000円~ 11,000円(税込) 11,000円(税込)
/1社
減額報酬
(借金返済中で減額できた場合)
11%(税込) 11%(税込) 11%(税込) 10% 0円
相談窓口 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

債務整理にかかる費用

債務整理を利用するため、プロの力を頼ろうと思った際に費用はどの程度必要なのでしょうか?

費用に関しては主に下記の3つが必要となり、債務整理の種類によっても金額は変わってきます。

  • 着手金:結果にかかわらず受任時に受領する報酬
  • 報酬金:成功の程度によって受け取る報酬

【解決報酬金:案件が解決したことにより発生する報酬金】
【減額報酬金:業者が主張する債権額と実際に支払う金額との差額(減額分)をもとに算定する報酬金】

  • 手数料:事務処理の報酬

参考:日本弁護士連合会

任意整理

裁判所を通さないため、費用を安くすることができます。また、債権者の数によって費用は変わってくるのも特徴です。

借金は将来の利息分をカット。原則3年〜5年程をかけて返済していきます。

内訳 費用
着手金 1社につき約20,000~50,000円
報酬金 1社につき約20,000~50,000円
減額報酬 減額した分の約10%程度

個人再生

裁判所への申し立て及びそれに伴う費用も必要です。手続きが難しく、弁護士に依頼することが前提となります。
また、「住宅ローン特則」という制度があり、利用すると所有する住宅を手元に残すことも可能です。

借金は5分の1程度に減少し、約3年かけて支払います。

内訳 費用
着手金・報酬金 約200,000~500,000円
申立手数料 約10,000円程度
裁判所予納金 約13,000円程度

自己破産

裁判所から「返済能力がない」と認められ、借金支払い義務の免除を受けることができる制度です。

自己破産には大きく『同時廃止事件』『管財事件』の2つに分類でき、一般的には「20万円を超える資産が存在する場合」は『管財事件』となります。

内訳 費用
着手金・報酬金 約300,000円~
印紙代 約1,500円
郵送切手代 約4,000円
予納金※1 10,000円程度(同時廃止事件)
200,000円程度(管財事件)債権者債務者

※1:自己破産の申立てをする際、裁判所にあらかじめ納める費用。負債額によっても金額は異なってくる

債務整理の詳しい解説はこちらを参照ください。

債務整理の利用方法

債務整理を利用する方法として、

  • 弁護士もしくは司法書士に依頼する
  • 自身で手続きを行う

の2種類があります。

弁護士・司法書士に依頼する

弁護士・司法書士に債務整理の依頼するメリットとしては、借金に関しての悩みの共有できること。手続きを代行やしてくれることでのプロに任せられることへの安心感です。

債権者との交渉でも間に入ってくれるので、交渉の面でも心強いでしょう。

半面、依頼をするということで、費用が発生してしまいます。債務整理を行う状態だと金銭面でも厳しい方が多いと思うので、プロを雇う費用は負担になってしまうでしょう。

自分で手続きを行う

債務整理はプロを雇わなくても、自身でも手続きは可能です。自分で行うので、費用は安く済ませることができます。

しかし、資料の作成や裁判所とのやりとりなど数多くの仕事が発生。さらに、ノウハウや経験がないと厳しく、債権者と話し合いができない可能性も考えられます。

そのため、自分で担当することはおすすめはできません。弁護士や司法書士に依頼しましょう。

弁護士・司法書士に依頼するメリット

相談

代債務整理をしたいけど費用を少しでも抑えたいと考えている方は多いと思います。気持ちはわかりますが、やはり債務整理はプロにお願いする方法がおすすめです。

債務整理をプロに依頼すべき理由

  • 債務整理を自分で行える「特定調停」労力と時間がかかり非現実的
  • 債務整理をプロに任せる催促の電話が止まる
  • 債務整理をプロに任せる返済を一時的に止められる
  • 債務整理をプロに任せる一緒に落ち着いて返済計画を考えられる

【プロに任せるメリット①】催促の電話が止まる

弁護士・司法書士に債務整理を依頼すると、債権者へ「受任通知」が送られ、債権業者は取り立ての電話をかけるなどの連絡ができなくなります(貸金業法21条1項9号)

それ以降の債権者とのやりとりは弁護士もしくは司法書士が担当してくれますよ。

催促の電話がストップするので、精神的にも楽になりますよ。

【プロに任せるメリット②】返済を一時的に止められる

債務整理を始めることで、返済も一時的にストップ。

弁護士・司法書士の仲介で新しい返済プランを債権者との間で計画。お互いの合意に、自分に可能なスケジュールと金額で返済を再開します。

【プロに任せるメリット③】一緒に返済計画を立てることができる

借金問題は、周りに相談できず一人で抱え込んでしまう方も多いです。

弁護士や司法書士に依頼すれば、借金に関する相談に乗ってくれたり、返済計画を一緒に考えてくれますよ。

専門的な知識でサポートしてくれので心強いでしょう。

弁護士・司法書士どちらに依頼すればいいのか?

弁護士・司法書士の費用と権限の比較

ここまで自分で依頼するよりプロ(弁護士・司法書士)に任せた方が良いと紹介してきました。しかし、弁護士と司法書士のどちらに依頼すべきなのかわからないと思います。

ここでは、債務整理を依頼する上で、弁護士と司法書士の違いを費用面や制度で比べていきます。

債権額が140万円以上だと「司法書士」は担当できない

弁護士と司法書士では債務整理での権限が異なります。特に、司法書士が依頼者を代理できるのは「140万円以下の民事事件」のみです。債権額が140万円を超える場合、司法書士は代理ができません。

140万円は借金の総額ではなく、賃金業者1社あたりの金額です。例えば「総額200万円の借金の内訳が、A社120万円、B社80万円」と言ったように複数の会社から借り入れてるケースでは、司法書士に依頼することはできます。

個人再生・自己破産の手続きは「弁護士」に依頼する

個人再生・自己破産を行う際は地方裁判所に申し立てを行わなければいけません。しかし司法書士が代理人として業務ができるのは、簡易裁判所だけです。

個人再生や自己破産の手続きを司法書士に依頼しても、裁判所でのやり取りは自分で行う必要があります(書類の作成は司法書士でも可能)

そのため、個人再生・自己破産を考えているなら弁護士に依頼しましょう。

司法書士は法律行為に関する代理権がありません。
個人再生や自己破産を司法書士に依頼した場合、手続きは自分で行う必要があります。

費用相場は「司法書士」の方が安い

一般的に弁護士に比べ、司法書士の方が費用は安いです。理由としては、弁護士より業務の範囲が狭いからなどの理由が挙げられます。

前述したように、債権額が140万円以上の案件は取り扱っていないなど弁護士以上に条件があるので注意してください。

債務整理におすすめの弁護士・司法書士事務所

ベリーベスト
法律事務所
サンク総合
法律事務所
弁護士法人
プロテクトスタンス
浜松町歩
法務事務所
新大阪法務
司法書士事務所
司法書士法人
みつ葉グループ
ベリーベスト弁護士事務所のロゴ 弁護士法人サンク総合法律事務所のロゴ プロテクトスタンスのロゴ 浜松町歩法務事務所のロゴ 新大阪司法書士事務所のロゴ みつ葉のロゴ
相談料 無料 無料 無料 無料 無料 無料
債権額140万超
への対応
× × ×
任意整理の
着手金
44,000円(税込)
/1案件
55,000円(税込)
/1案件
55,000円(税込)
/1社
10,000円 11,000円(税込) 55,000円(税込)
/1社
任意整理の
解決報酬金
22,000円(税込)
/1社
11,000円(税込)
/1社
10,000円~ 11,000円(税込) 11,000円(税込)
/1社
減額報酬
(借金返済中で減額できた場合)
11%(税込) 11%(税込) 11%(税込) 10% 0円
相談窓口 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

ここからは債務整理に強い弁護士・司法書士事務所を各3選紹介していきます。

どこも経験が豊富でおすすめの事務所ばかりですよ!

ベリーベスト法律事務所

出典:べリーベスト法律事務所

事務所紹介

ベリーベスト法律事務所」は360名以上の弁護士が所属し、国内の刑事・民事裁判から国際業務も取り扱うトップレベルの大手弁護士事務所です。弁護士事務所の中では債務整理の費用は抑えめ。全国対応もしているので、依頼先としてぜひ検討したいですね。

弁護士との相談費用は何度でも無料です。債務整理の費用についてしっかり確認してから依頼するか決めたい方、複数の債権者からの借入れがあり相談に時間がかかりそうな方でも、安心して相談できますよ。

さらにベリーベスト法律事務所について詳しく知りたい人は下記記事をご覧ください。

口コミ

電話での相談でしたが遅い時間や土日祝日も受け付けしており対応も丁寧でストレスを感じる事無く相談する事ができました。
他の法律事務所では断られたのですがベリーベストではすんなり引き受けてていただき解決する事ができました。
家族全員大変感謝しています。
どうもありがとうございました。
いいね
石丸正さん

- 出典:Google

債務のことで、携帯からベリーベスト法律事務所に相談しようと思ったのですが、不安になり、ずっと連絡しなかったのですが、定期的に連絡を下さり、相談にのっていただきました。曖昧な記憶だったのにもかかわらず、また携帯の使い方もしっかりできなかったのですが、根気よく聞いて下さいました。過払い金が戻ってくると聞いたときは、本当かな?と思いましたが、今ではもっと早く相談すれば良かったなと思いました。本当にありがとうございました。
榊祐子さん

- 出典:Google

債務整理の費用

ベリーベスト法律事務所では、債務整理についての相談料は何度でも無料です。

任意整理
  • 対象となる方:利息の支払いがなくなったら3~5年のうちに借金完済できる見込みのある方
  • 手数料:0円~(1社あたり)※2
  • 解決報酬金:2万2,000円(1社あたり)
  • 成功報酬:
    ─過払い金回収額の22%(訴訟で回収の場合、27.5%)
    ─借金返済中の場合、減額できた金額の11%
  • 着手金:44,000円(税込)(1案件あたり)※3

※2:負債額に応じて変動。負債額が10万円未満の場合、手数料0円。
※3:金額は状況によって異なります。詳細は相談時にご確認ください。

過払い金請求
  • 対象となる方:平成19年以前からキャッシングでの借入れがあり、完済されている方、または現在も返済中の方
  • 調査:無料※4

※4:実際に過払い金返還請求した場合、費用は任意整理に準じます(原則として回収した過払い金から充当)。

個人再生
  • 対象となる方:利息の支払いがなくなっても3~5年で借金完済できないが、持ち家は手放したくない方
基本報酬
  • 住宅ローン条項なし:44万円(税込)
  • 住宅ローン条項あり:55万円(税込)
成功報酬・着手金
  • 成功報酬:0円
  • 着手金:44,000円(税込)※5

※5:その他、別途裁判所・再生委員等への納付が必要になる場合があります。

自己破産
  • 対象となる方:利息の支払いがなくなっても3~5年で借金完済できない方
基本報酬
  • 同時廃止:33万円(税込)
  • 管財事件:44万円(税込)
  • 管財事件(個人事業主)※6:44万円(税込)~66万円(税込)
  • 法人破産:110万円(税込)~
成功報酬・着手金
  • 成功報酬:0円
  • 着手金:44,000円(税込)

※6:管財事件の場合、予納金として別途、最低20万円~が必要となります。(予納金に消費税はかかりません。)

後払い・分割払いへの対応
  • 後払いに対応(過払い金請求のみ)
  • 分割払いに対応

専門分野で分かれたチーム制で対応。24時間365日電話受付OKで、全国に拠点があるだけでなく弁護士によるオンライン面談も可能など利便性に優れています。弁護士事務所の費用相場のなかでは低めの価格設定です。

事務所情報

正式名称 ベリーベスト法律事務所
(Verybest Law Offices)

代表者 荻原 達也
※第一東京弁護士会所属
所在地 東京都港区六本木
拠点 全国52拠点・海外2拠点
連絡手段 ▼電話
0120-170-316(24時間受付)

▼メール(お問合せフォーム)
※24時間OK

▼LINE登録
なし

公式ホームページ https://www.vbest.jp/
費用 相談料は何度でも無料
事務手数料44,000円(税込)/1案件

サンク総合法律事務所

出典:サンク総合法律事務所

事務所紹介

サンク総合法律事務所」は、依頼者一人ひとりに寄り添う誠実で丁寧な対応とアットホームな雰囲気が魅力。女性弁護士も所属しているので、男性だと威圧感を覚えてしまう方も相談しやすいですよ。

債務整理の費用では、特に任意整理で減額・免除ができた場合の報酬金に注目。債権者1社あたり11,000円(税込)と、司法書士事務所に並ぶ低さです。弁護士事務所としては最安値レベルなので、「債務整理の費用を抑えたいが、司法書士には頼めない」という方の依頼先候補におすすめです。

さらにサンク法律事務所について詳しく知りたい人は下記記事をご覧ください。

口コミ

債務整理でお世話になってます。
申し込むのに相当勇気がいりましたが、事務所の方が私自身の債務状況が分からない状態でよく話を聞いて相談に乗って下さり最善の方法を提案してくださり、状況報告や今後どうすれば良いのか丁寧に教えてくださるので勇気をだして依頼をして良かったです。
これから債務整理が始まりますが分からない事があれば何時でも連絡くださいと言っていただき安心出来ました。
依頼して良かったです。
伊藤明美さん

- 出典:Google

電話で全ての手続きを進めて頂き
債権者からの連絡も止まり
精神的負担が減りました
助けて頂き感謝しています
吉川克彦さん

- 出典:Google

債務整理の費用

サンク総合法律事務所では、債務整理の相談は無料です。

任意整理
  • 着手金:55,000円(税込)(債権者1社につき)
  • 報酬金:11,000円(税込)(債権者1社につき)
  • 減額報酬:11%(税込)
  • 過払い金報酬:過払い金回収額の22%(税込)(訴訟による回収の場合、27.5%(税込))
過払い金請求
  • 着手金:0円
  • 報酬金:21,780円(税込)(債権者1社あたり)
  • 過払い金報酬:
    ─過払い金回収額の22%(税込)
    ─訴訟による場合は、過払い金回収額の27.5%(税込)
個人再生

別途お問合せください。

自己破産

別途お問合せください。

後払い・分割払いへの対応

別途お問合せください。

報酬金は債権者1社につき11,000円(税込)と最安値レベル。複数の債権で債務整理を考えている、債務整理の費用を抑えたい方におすすめです。

事務所情報

正式名称 弁護士法人サンク総合法律事務所
代表者 樋口 卓也
第二東京弁護士会 第29906号
所在地 東京都中央区八丁堀
拠点 東京都
連絡手段 ▼電話
0120-281-739※平日:9:00-21:00
▼メール(お問合せフォーム)
※24時間受付
▼LINE登録
なし
公式ホームページ https://thank-law.jp/
費用 相談料:無料

弁護士法人プロテクトスタンス

出典:弁護士法人プロテクトスタンス

事務所紹介

弁護士法人プロテクトスタンス」は日本全国8カ所と海外に1拠点を構え、対面はもちろん状況によってはオンライン相談も可能です。全国どこからでもアクセスしやすいのはありがたいですね。

債務整理の費用の分割支払いに対応しています。22,000円(税込)から可能なので、無理なく生活を立て直せます

口コミ

無料相談で利用しました。
受付の方も弁護士の方も親身になって話を聞いてくれたので、相談して良かったです。
ない事が一番ですが、また何かあったらお願いします。
a Sさん

- 出典:Google

非常に良かったです。
何より不安部分をわかりやすい説明で解消をして頂きました。
その後はどのように解決していくかの道筋と期間をしっかりと説明して頂き、「こちらは質問への回答や提出物」を滞りなく提供すれば、任せて安心であると依頼前に感じることができる会社でした。
安心して相談と依頼をして良い会社かと思います。
hideki mogiさん

- 出典:Google

任意整理
  • 着手金:55,000円(税込)(1社あたり)
  • 報酬金:債減額または免除できた場合、その経済的利益の11%(税込)

※過払い金請求・裁判所への出廷費用等については別途請求。

過払い金請求
  • 着手金:0円(1社あたり)
  • 報酬金:過払い金回収額の22%(税込)(訴訟による回収の場合、27.5%(税込))

※過払い金が回収できなかった場合の費用は無料。
※裁判所への出廷費用等については別途請求。

個人再生

別途お問合せください。

自己破産

別途お問合せください。

後払い・分割払いへの対応
  • 後払い:別途お問合せください。
  • 分割払い:22,000円(税込)からの分割払いに対応。

弁護士だけでなく税理士、司法書士、行政書士など各分野のプロが在籍。個人・個人事業主・法人が絡んだ複雑な借金問題を解決したい方はぜひ相談先の候補としてください!

事務所情報

正式名称 弁護士法人プロテクトスタンス
Protectstance Legal Professional Corporation

代表者 五十部 紀英(いそべ としひで)

所在地 東京都千代田区有楽町
拠点 全国8拠点・海外1拠点
連絡手段 ▼電話
0120-915-464 平日9:00~21:00 土日祝 9:00~19:00
▼FAX
03-6268-9518
▼メール(お問合せフォーム)
※24時間受付

▼LINE登録
なし

公式ホームページ https://protectstance.com/
費用 相談料は何度でも無料

浜松町歩法務事務所

浜松町歩法務事務所の紹介画像

出典:浜松町歩法務事務所

事務所紹介

浜松町歩法務事務所」は法テラスの登録事務所です。収入額が一定以下の方はこちらでの債務整理の費用を法テラスに立て替えてもらえる可能性があります。(詳しくは無料相談の際にお問合せください。)

無料電話相談は、平日・土日祝日問わず夜20時まで対応可能なので、仕事が終わってからも電話しやすいですよ。

口コミ

債務整理の方法に迷い相談させていただいた。事務所が港区にあってここが近いという理由で相談しに行ったが、丁寧で的確なアドバイスをいただけて冷静に手続きを進めることができた。
高井纏さん

- 出典:Google

お世話になった港区の司法書士さん。債務整理は素人じゃ到底無理なので相談して正解でした。
最初考えていた最悪の事態も回避できたし本当に良かった。
三浦俊輔さん

- 出典:Google

債務整理の費用

浜松町歩法律事務所では、債務整理の相談は無料です。

任意整理
  • 着手金:10,000円~
  • 報酬金:10,000円~
  • 減額報酬・出張面談報酬:借金返済中の場合、減額できた額の10%

※金額は地域、状況によって異なります。

過払い金請求
  • 着手金:0円
  • 報酬金:19,800円、過払い金回収額の20%(訴訟による回収の場合、25%)
個人再生
  • 基本報酬:40万円~
自己破産
  • 基本報酬:35万円~

※予納金:裁判所に納める費用。少額管財事件(債務額が5,000万円未満)の場合、最低20万円程度。

その他
  • 訴訟が必要となった場合の印紙、切手代金:依頼者負担
  • 遠方の場合の面談交通費:依頼者負担

※実費が発生する場合は事前にご案内します。

後払い・分割払いへの対応

別途お問合せください。

「浜松町歩法務事務所」の債務整理の費用は低めに設定されています。全国対応なので、お近くの司法書士事務所に心当たりのない方もご検討ください。

事務所情報

正式名称 司法書士法人 浜松町歩法務事務所
代表者 近藤邦夫(東京司法書士会所属)
所在地 東京都港区浜松町1丁目27番10号 バッカス第3ビル3階
拠点 東京都
連絡先 ▼電話:0120-961-772
▼メール(お問合せフォーム):あり(24時間受付)
公式ホームページ https://www.shihoushoshisoudan.com/
費用 相談料は無料

新大阪法務司法書士事務所

新大阪司法書士事務所の紹介画像

出典:新大阪法務司法書士事務所

事務所紹介

新大阪法務司法書士事務所」は、借金問題から成年後見・相続・登記など個人の資産が絡む問題解決のエキスパート。暮らしのさまざまなトラブル解決をサポートします。

債務整理の費用は、着手金11,000円(税込)~報酬金11,000円(税込)~といずれも控えめです。できるだけ債務整理の費用を抑えたい、関西にお住まいの方におすすめです

口コミ

本当に良くして頂きました。間違いなく信頼、安心して相談出来る事務所です。
Dai Shouseiさん

- 出典:Google

とても良い先生でした。安心して相談できます。
ゆゆHさん

- 出典:Google

債務整理の費用

新大阪法務司法書士事務所では、債務整理の相談は無料で行っています。

任意整理
  • 着手金:11,000円(税込)~
  • 報酬金:11,000円(税込)~

※別途経費等の実費が必要です。
※訴訟定期する場合、別途訴訟費用(実費)が必要です。

過払い金請求
  • 基本報酬:33,000円(税込)
  • 成功報酬:過払い金回収額の22%(税込)(訴訟による回収の場合、27.5%(税込))

※別途経費等の実費が必要です。
※訴訟定期する場合、別途訴訟費用(実費)が必要です。

個人再生
  • 基本報酬:38万5,000円(税込)
  • 住宅資金特別条項を利用する場合:44万円(税込)

※個人再生委員が選任された場合、別途個人再生委員報酬が必要です。
※裁判所に納める予納金、郵券等の費用が別途必要です。

自己破産
  • 同時廃止(個人):27万5000円(税込)
  • 管財事件(個人):33万円(税込)

※管財事件の場合、別途管財費用が必要です。
※裁判所に納める予納金、郵券等の費用が別途必要です。

後払い・分割払いへの対応

別途お問合せください。

無料の借金減額診断が利用できたり、女性の依頼者には女性スタッフが対応するなど、利用しやすい窓口も◎。関西で借金問題を解決したい方はぜひ相談をご検討ください。

事務所情報

正式名称 新大阪法務司法書士事務所
代表者 金井一美
所在地 大阪府大阪市東淀川区東中島1-20-12 ユニゾーン新大阪518号
拠点 大阪府
連絡先 ▼電話:06-6180-4815
▼FAX:06-6180-4816
▼メール(お問合せフォーム):あり(24時間受付)
公式ホームページ https://shinosakahoumu.com/pc/index.html
費用 相談料は何度でも無料

司法書士法人みつ葉グループ

出典:司法書士法人みつ葉グループ

事務所紹介

北海道から沖縄まで全国に7拠点で事務所を構える「司法書士法人みつ葉グループ」。行政書士法人や土地家屋調査士法人なども抱える「みつ葉グループ」という大きな組織の一部です。債務整理も全国対応しています

債務整理の費用を抑えたい方はお見逃しなく! 借金を減額・免除できた場合の「減額報酬」が無料です。一括で払えないという方には、分割払いにも対応していますよ。

口コミ

私は任意整理のため、相談に乗っていただきました。
しかし、私の至らなさで任意整理の支払いが滞ってしまい、代理人解消となってしまいましたが、そんな中でも根気強く丁寧にご連絡いただきました。
私が負債を抱えて精神的に辛い状況でも、親身に対応してくださり、本当にありがとうございました。
代理人辞任の後の私のすべきことまでアドバイスいただき、更に個人的な体調の心配もしていただきました。

全て私の責任で進まないことも多く、ご迷惑をお掛けしたと思いますが、現在別事務所を検討して、前に進んでおります。

依頼料は他よりも高いという意見もあると思いますが、その分こちらに親身になっていただけているとかんじました。

また別の機会で依頼することがあったら、ぜひ利用させていただければと思います。本当にありがとうございました。
けんたあさーださん

- 出典:Google

毎月の返済に不安があり、藁にもすがる思いで債務整理をお願いしました。
担当の方もとても親切に対応してくださり、とても感謝しています。
くささん

- 出典:Google

債務整理の費用

司法書士法人みつ葉グループでは、債務整理の相談は無料です。

任意整理
  • 着手金:55,000円(税込)~(債権者1社あたり)
  • 報酬金:11,000円(税込)~(債権者1社あたり)
  • 減額報酬:0円
  • 過払い報酬:過払い金回収額の22%(税込)

※別途代理送金手数料等がかかります。

過払い金請求
  • 基本報酬:0円
  • 成功報酬:過払い金回収額の22%(税込)

※別途費用が発生する場合があります。

個人再生

別途お問合せください。

自己破産

別途お問合せください。

後払い・分割払いへの対応

別途お問合せください。

司法書士法人みつ葉グループでは、過払い金請求を含まない場合の任意整理なら、契約の前に費用が確定します。債務整理が終わるまでの間に追加料金がかさむこともないので安心してお任せできますよ!

事務所情報

正式名称 司法書士法人みつ葉グループ
代表者 宮城誠
所在地 東京都港区虎ノ門五丁目12番11号NCOメトロ神谷町4階・5階
拠点 国内に7拠点(札幌・東京・横浜・大阪・広島・福岡・沖縄)
連絡先 ▼電話:0120-739-002
▼メール(お問合せフォーム):あり(24時間受付)
公式ホームページ https://saimuseiri-kaiketu.com/
費用 相談料は無料

費用を払えない場合どうする?

債務整理を依頼したいけど、「弁護士・司法書士に費用を支払う余裕がない」方もいるのではないでしょうか?

多くの方が支払えない悩みを持っていることは、弁護士・司法書士事務所でも把握しています。そのため、債務整理の費用を分割払い・後払いできるようにしている事務所が多いです。

まとまったお金がなくても依頼できる可能性がありますよ!

分割払いができる事務所を利用する

弁護士・司法書士に一括で費用の支払いが難しい場合は、費用の分割払いや後払いに対応している事務所を選びましょう。

ホームページに「分割払い可」「支払いについては相談可能」などと紹介してある事務所もあるので、選ぶ際の基準にしてください。

法テラス経由で依頼する

法テラス(日本司法支援センター)とは、国が設立した法律支援団体です。

法テラス経由で弁護士事務所や司法書士事務所に依頼する場合、費用(着手金+実費)を立て替えてもらい、分割返済することができます。

しかし、制度を利用するには経済的に余裕がない人など一定の条件があるので注意が必要です。

法テラスの詳しい解説はこちらを参照ください。

【まとめ】費用がかかっても弁護士・司法書士に依頼するのがおすすめ

債務整理をプロに依頼する際は、債務整理の費用の額が極端に高くも低くもなく、また、費用のかかる根拠を明確に説明できる事務所が望ましいです。

債務整理の費用が相場に見合っているなら、これまでに一定して数をこなしていて、今後も依頼を受ける意思があると考えられます。

無料相談では、お住まいの地域個別の債権額を債権者ごとにまとめておくのがおすすめ。債務整理に必要な費用総額を早めに教えてもらいやすくなりますよ。

債務整理をプロに依頼すべき理由

  • 債務整理を自分で行える「特定調停」労力と時間がかかり非現実的
  • 債務整理をプロに任せる催促の電話が止まる
  • 債務整理をプロに任せる返済を一時的に止められる
  • 債務整理をプロに任せる一緒に落ち着いて返済計画を考えられる

債務整理は費用がかかってもプロに任せるのがいちばん! 債権者とのやりとりや煩雑な書類作成作業は習熟している弁護士・司法書士に任せるのが安心です。

ご自身に合った事務所を選んで、できるだけ速やかな借金の完済に向けて進んでいきましょう。

前の記事
債務整理するデメリットは?ブラックリスト入りした場合の対処法やよくある誤解

債務整理のデメリット|車やクレジットカードはどうなる...

次の記事

ベリーベスト法律事務所の評判|過払い金や債務整理なら...

関連記事

債務整理するデメリットは?ブラックリスト入りした場合の対処法やよくある誤解

2023/09/21

債務整理のデメリット|車やクレジットカードはどうなる?よくある誤解や対処法を紹介

借金減額診断は罠じゃない!国が認めた救済措置をサポートする弁護士と完済への一歩を踏み出そう

2023/09/20

借金減額診断は罠じゃない!国が認めた救済措置のメリットやデメリットを紹介

自己破産するとその後の人生や家族はどうなる?仕事・住まい・費用のデメリットを漏らさず掲載!

2023/10/04

自己破産するとどうなる|家族や会社にバレる?デメリットやおすすめ弁護士事務所を紹介