債務整理 2023/12/19

債務整理とおまとめローンの違いは?どちらを使うべきなのか選び方のコツも紹介

債務整理とおまとめローンは、どちらも多重債務を整理するための手段であり、苦しい借金生活から抜け出すことができる手段です。

しかし、それぞれにメリット・デメリットが存在します。そこで、両方の特徴や違い、どんな人におすすめなのかをまとめました。

おかねの教科書 編集部

執筆者 おかねの教科書 編集部

おかねの教科書編集部です。

目次

債務整理とおまとめローンの違い

どちらも抱えている借金の負担を減らすことに有効な方法ですが、大きな違いとしては下記の通りです。

  • 債務整理借金を根本的に解決する
  • おまとめローン→借り直して効率的に借金を減らす
債務整理
おまとめローン
利息原則なし今後も発生する
ブラックリストへの掲載掲載あり掲載なし
過払い金戻る可能性あり戻らない
月々の返済額下がる下がる
完済までの支払額 大きく下がる基本下がるが上がる可能性もある※1

※1:上がる可能性についてはこちらを参照ください

債務整理とは|裁判所に申し立て債務を整理する

債務整理は抱えている借金の減額や支払い期間を伸ばすことで、借金の完済を目指す手段です。

  • 任意整理:債権者と交渉して、将来の手数料・利息を省いた返済額を3〜5年で分割返済できるようにする。裁判所での手続きは不要。
  • 個人再生:裁判所に返済総額を減額した個人再生計画を提出。許可されたら、3〜5年で減額後の金額のみ返済。
  • 自己破産:裁判所から「返済能力がない」と認められ、借金の支払いを全額免除になる制度。自宅や自家用車は手放す必要がある。
  • 特定調停:経済的に破綻しないように債権者と申立人(債務者)が返済方法などを話し合い、合意に至れば調整後の計画で返済していく制度。

4つの方法があり、借金の額や経済状況によっては、全額免除になることも。しかし、デメリットなど様々な問題もあります。

また、多くの方が債務整理を利用する際は弁護士・司法書士と外部の力を借りることがほとんどです。

債務整理のメリット・デメリット

債務整理にはメリット・デメリットが存在します。

今後の生活に大きく影響を与えるものもあるので、しっかりと把握しておくことが大切です。

メリットデメリット
  • 借金が減額・免除になる
  • 督促や取立てが止まる
  • 複数抱えている債務を一度に整理できる
  • ブラックリストに載ってしまう
  • 保証人に連絡が行く
  • 周囲にバレる可能性がある
  • 弁護士・司法書士を雇う必要がある

【メリット】借金が減額・免除になる

一番大きなメリットとしては、支払っている借金が減額・免除になる点でしょう。

「返金額が大きすぎて生活がままならない」「利息が大きく最後まで返しきれない」とお悩みの方は活用してみてください。

【メリット】債権者からの督促・取立てが止まる

債務整理を利用するため、弁護士・司法書士に依頼すると、まず介入通知書を業者に送付してくれます。

介入通知書を受け取った債権者は債務者本人に対して取立てなど直接請求することができません。

取り立て行為が止まるので、金銭面・精神的どちらをとっても安心ですね。

直接取り立てができなくなることは、「貸金業法」として法律で定められた決まりです。

【メリット】一度に多くの債務を整理できる

複数の債務を一度に整理できる可能性があり、一つずつ借金を返済するよりも効率的に債務を整理できる場合があります。

任意整理の場合、債権者との交渉次第で一部しか整理できない事例もあるので注意してください。

【デメリット】ブラックリストに載ってしまう

債務整理をおこなうことで、信用情報機関の保有する個人の信用情報に事故情報が登録されます。

「事故情報に掲載=ブラックになる」となってしまったら、

  • 官報に掲載される
  • クレジットカードの利用/新規作成が厳しくなる
  • 賃貸契約・分割購入ができなくなる
  • 保証人になれない

といった状況が5〜10年程継続するので、日常生活にも支障が出てしまうでしょう。

ブラックリストについて詳しくは下記をご覧ください。

【デメリット】保証人への連絡がある

債務の保証人を立てている場合、保証人に対して一括請求の連絡が届きます。しかし、必ずしも保証人が全額をすぐに支払う必要はありません。

もし、当該債権について保証人が同時に任意整理をおこないます。返済期間の猶予や利息の減免などについて債権者と合意できれば、保証人が支払う義務は発生しません。

ただし、保証人も任意整理を行うため、保証人の信用情報にも事故情報が登録されます。

【デメリット】周りにバレる可能性がある

債務整理は種類によって異なりますが、保証人以外にも家族など周りの人間に借金があることを知られる可能性があります。

自己破産など大きな手続きだと、同居している家族に隠し通すのは難しいでしょう。

【デメリット】弁護士・司法書士を雇うお金が必要になる

債務整理は個人でも行うことは可能です。しかし、手続きは複雑であり法律的な知識と経験が必要です。

そのため、弁護士・司法書士を介して債務整理をおこなうことをおすすめします。費用は必要ですが、専門家がより自分に合った債務方法を提示してくれるでしょう。

任意整理は債務者と債権者が裁判所を通さず直接話し合います。自分だけで話し合おうとしても、「弁護士がいないから」と話し合いに応じてくれない可能性もあります。

おまとめローンとは|複数の借り入れをまとめて一本化する

複数の会社に借金をしている場合、まとめて一つのローンにすることで、返済負担を減らすことができる「おまとめローン」

例として

借入額金利(年)毎月返金額総返金額
A社300,000円18%14,978円359,564円
B社500,000円18%24,963円599,257円
C社500,000円17%24,722円593,467円
合計1,300,000円64,663円1,552,288円

※返済回数は24回の場合

これを年金利14%のD社にだけまとめると、

借入額金利(年)毎月返金額総返金額
D社1300,000円14%62,418円1,498,317円

※返済回数は24回の場合

毎月の返済額と合計の返済額が低くなり、毎月3社に返済するところ1社だけで済みます。

債務整理をしなければならない状況の一歩手前の段階でおすすめの対処法です。

おまとめローンのメリット

借金の返済負担を減らすことができるおまとめローンのメリットは以下のようなものがあります。

メリットデメリット
  • 月々の返済額が軽減できる
  • 返済先は一社だけになるので管理が簡単
  • 特典などをもらえる場合がある
  • 審査に落ちる可能性がある
  • 金利が上がってしまう可能性がある
  • 追加の借入ができない

月々の返済額の軽減ができる

複数の借金を一本化することで、月々の返済額を減らすことが可能です。借り入れ金利が高かったり、元金が大きい場合には、返済負担を軽減することができます。

おまとめローンは債務整理と違い、申し込みを自分一人でできるので、弁護士に依頼する手間もありません。

返済先が一社になり管理が簡単

おまとめローンを利用することで、複数の借金が一本化でき、返済日や金額の把握が簡単になります。

支払い忘れなどミスも減るので、便利ですよ。

ポイントサービスなど特典がもらえる

金融機関によっては、おまとめローンを利用するとキャッシュバックやポイント還元などの特典が受けられることがあります。

全ての金融機関が実施しているわけではないので注意してください。

おまとめローンのデメリット

おまとめローンを利用した際の主なデメリットは以下の通りです。

審査が厳しく落ちる可能性もある

通常の借入に比べ、審査は厳しい傾向にあります。

借入をしている件数が多いほど審査の難易度は高くなり、完済が難しいと判断されたら審査には受かりません。

受かるための条件としては、

  • 安定した収入があるか
  • 勤続年数(長いほど有利)

などが重要となってきます。

おまとめローンが難しい場合は、債務整理を利用しましょう。

金利が上がってしまう可能性がある

高利回り

おまとめローンを使うことで、金利が下がると前述しましたが、選んだ会社によっては金利が上がってしまう可能性があります。

もともと金利が低いローンをおまとめにした結果、おまとめ後の方が金利が高くなり、返済までの期間が長くなる可能性も。

そのため、おまとめローンを選ぶ際は複数の会社比較はもちろん、自分が現在どの程度の金利なのか把握しておくことも重要です。

金利以外にも、利息の支払額も増えてしまう可能性もあるので、おまとめローン会社を選ぶ際はこちらも確認してください。

追加の借入ができない

おまとめローンはあくまで複数の借金を一本化する制度なので、追加の借入は不可のところが多いです。

追加融資ができないことを頭に入れ、返済プランを考える必要があります。

おまとめローンを利用している状態で、他社でお金を借りようとしても審査に通るのは難しいでしょう。

【債務整理/おまとめローン】こんな人におすすめ

「債務整理」がおすすめな人「おまとめローン」がおすすめな人
  • 借入額が年収の3分の1を超えている人
  • 借金を返せる見込みがない人
  • 返済が自転車操業になっている人
  • ブラックリストに載ってでも借金を免除(減額)したい人
  • リボ払いで複数の会社から借入している人
  • 借金は完済したいと考えている人
  • 借入額の合計が大きく、返済が大きな負担になっている人
  • ブラックリストには載りたくないが、借金の減額方法を探している人

債務整理を選択すべき方

債務整理を利用すべき方の特徴を紹介していきます。

収入の多くを借金返済に充てている

毎月の収入の大半を借金の返済に充てている方は債務整理を活用しましょう。また、別の金融機関からお金を借りて返済をおこなっている方も同様です。

多くの金融機関からお金を借りた後では、債務整理の利用自体が厳しくなるので、早めの相談をおすすめします。

5年以上借金を返済し続けている

カードローンの場合、5年以上支払いを続けると、利息は当初借りた金額の4割程度まで膨れ上がります。

何年たっても完済できないなら債務整理を利用してみましょう。

おまとめローンを選択すべき方

次におまとめローンを活用すべき方の特徴は以下の通りです。

現在の収入で返済ができる

債務整理と比べ、デメリットが少ないおまとめローンですが、追加の借入ができないので、今の収入で完済できるか知っておく必要があります。

完済できるか把握する方法として、『おまとめローンの返済額シミュレーション』の利用がおすすめです。方法も借入額や返済希望期間を入力するだけと簡単です。

クレジットカードやローンの作成を考えている

債務整理を利用すれば、クレジットカードの使用やローンを組めなくなると前述しました。

そこで、直近(数年以内)にローンを組む予定がある、クレジットカードがないと生活ができないと考えている方はおまとめローンを利用しましょう。

【債務整理】おすすめの弁護士事務所を選ぶコツ

債務整理は弁護士に依頼するのがおすすめです。

ここでは、弁護士事務所の選び方について紹介します。

債務整理が得意な事務所か?

弁護士事務所と言っても業務の内容は様々。そこで、債務整理の経験や実績が豊富な事務所を選びましょう。

確認方法は、公式HPの実績や得意分野を確認するのがおすすめです。

それでもわからない場合は、事前相談を活用してみてください。

事前相談は無料で実施している弁護士事務所がほとんどなので、気軽に依頼できます。

費用はわかりやすく提示されているか?

依頼する上で気になるのが依頼費用でしょう。金額はHPに掲載されているので、すぐに調べることができます。

おすすめのポイントとしては、「着手金」は無料かどうかです。着手金が無料なら初期費用は安く依頼できますが、事務手数料や報酬が上乗せされてるパターンもあるので、総額の確認も忘れずおこなってください。

相性の良い弁護士は在籍しているか?

債務整理は手続きがすべて完了するまで時間がかかります。年単位の時間が必要なので、相談しやすい・信頼できる弁護士事務所に依頼するのが最善です。

ポイントとして、

  • 複数の弁護士事務所の無料相談を活用して比較してみる
  • 債務整理のデメリットも話してくれるか
  • 通いやす場所に弁護士事務所があるか

をチェックしてみてください。

事前相談まではオンラインで完結できますが、依頼となると対面で相談することが必須の事務所もあります。
そのため、自身のお住まいの地域と事務所と立地も重要です。

口コミで利用者の声も確認する

スマートフォンでFXをする男性のイメージ

実際の利用者の口コミも事務所を選ぶ際に参考になります。

方法としてはGoogleやYahoo!Japanの検索窓に『〇〇法律事務所 口コミ』や『〇〇法律事務所 評判』と打ち込むだけです。

しかし、口コミはあくまで他人が書いたものなので、最終的には自分の意思で依頼する事務所を選ぶようにしてください。

債務整理のおすすめ弁護士事務所については下記を参照ください。

【おまとめローン】依頼できる会社を選ぶコツ

おまとめローンを取り扱っている会社の選び方について紹介していきます。

金利が低くなるか?

前述したように、おまとめローンに変更したのに、以前より金利が高くなってしまう事態もあり得ます。

複数の金融機関から比較検討して、利用する会社を選んでください。

おまとめローンは借金そのものが減額される制度ではありません。現在の収入と支出で、返済できるかを再度確認してから依頼してください。

返済条件が柔軟かどうか?

元々の借入を一つにまとめることができますが、返済期間が長くなり、その間に返金額は大幅に増える可能性があります。

そのため、返済条件が柔軟であることが選ぶ上での重要なポイントです。返済額や返済期間を自由に変更することができる会社を選びましょう。

信頼性の高い金融機関か?

不動産投資の口コミのイメージ画像

おまとめローンは、長期間の返済が必要となるため、金融機関の信頼性が高いことが重要です。

また、万が一の場合に備えて、金融機関が信頼できるかどうかを確認してから依頼してください。

おまとめローンについては下記記事で詳しく紹介しています。そちらもご覧ください。

【まとめ】一人で迷ったら専門家に相談しよう!

ここまで「債務整理」と「おまとめローン」について紹介してきました。

借金を返済していく余力がないという方は債務整理、複数の借入先があり返済が滞ってしまいそうな方はおまとめローンと、自身の返済状況と比べる必要があります。

どちらもメリット・デメリットが存在しているので、比較検討してから利用するようにしてください。答えが出せないときは、一人で抱え込まず専門家に相談することをおすすめします。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

前の記事

債務整理は誰に相談すべき?|おすすめの相談先や契約ま...

次の記事

債務整理の費用を安く抑えるコツとは|おすすめの弁護士...

関連記事

2024/01/05

ブラックリストの確認はスマホでできる!開示に必要な費用や方法をまとめ紹介

債務整理するデメリットは?ブラックリスト入りした場合の対処法やよくある誤解

2023/09/21

債務整理のデメリット|車やクレジットカードはどうなる?よくある誤解や対処法を紹介