カードローン 2023/10/20

リボ払いとカードローンはどっちがいい?|金利や使い方を徹底比較

自分で設定した金額を毎月返済していく『リボ払い』と、急な出費時でもお金を借りることができる『カードローン』。どちらもお金に関するサービスですが、利用するとなるとどちらの方が良いのでしょうか?

今回は、リボ払いとカードローンを比較しつつ、どんなメリットやデメリットがあるのかを解説していきます。

※当ページのリンクには広告が含まれています。

おかねの教科書 編集部

執筆者 おかねの教科書 編集部

おかねの教科書編集部です。

目次

【リボ払い/カードローン】利用に向いている人・向いていない人

リボ払いとカードローン。どちらもお金の借入ができますが、自分はどちらが向いているのか気になる方も多いでしょう。

リボ払いとカードローンに向いている人・向いていない人をまとめました。

リボ払いに向いている人・向いていない人

向いている人

  • 手元にお金はないが、すぐに買いたい商品(サービス)がある人
  • 自分で設定した金額でお金を返していきたい
  • 計画的に買い物ができる人
  • 決まった商品だけリボ払いを使うことができる人

向いていない人

  • 高級品など無計画に買い物してしまう人
  • 消費しがちな人

返済期日ではなく返済金額が決まっている『リボ払い』。自分で設定した金額を月々返済していきます。手元にお金がなくても、高額な商品も購入ができるなど魅力的です。

金利が高く設定されているので、返済が長引くほど多くの金利を払う必要があるため、長期の返済には向いていません。

計画的に買い物ができる人や、長期での返済に耐えられる人はおすすめですが、消費しがちな人など無計画に買い物をしてしまう人には不向きでしょう。

リボ払いは使えば使う程返済期間が伸びます。気が付くと、自己返済できないまで借金が膨らんでいる可能性もあるので、返済履歴は常に確認しておきましょう。

カードローンに向いている人・向いていない人

カードローンは大きくわけて『銀行カードローン』と『消費者金融カードローン』に分けられます。

銀行系カードローンに向いている人・向いていない人

向いている人

  • 金利が低いカードローンを借りたい人
  • 高額の借入を考えている人

向いていない人

  • すぐにでもお金を借りたい人
  • 審査に合格できる自信がない人

『銀行カードローン』は消費者金融カードローンやリボ払いに比べ、金利が低く設定されている特徴があります(年2.0~15.0%)

金利に幅があるのは、借入額が大きいほど金利が下がるためです。そのため、高額に借入を考えている人におすすめです。

反対に、最短即日でお金を借りられる消費者金融カードローンと比べ、審査には少し時間がかかることもあります。

他の借入と比べて、審査も厳しめです。申し込んでも審査に落ちることも考えられます。

銀行カードローンでも即日に審査結果が届いた方もいらっしゃいますが、申し込みフォームなどは『2~4営業日』必要と記載されているところが多いです。

消費者金融カードローンに向いている人・向いていない人

向いている人

  • すぐにお金の融資を受けたい人
  • 審査に受かりやすい借入先を探している人
  • 生活費など少額のお金を借りたい人

向いていない人

  • 高額の借入を考えている人
  • お金の借入を急いでいない人
  • 金利は安く済ませたい人

「ちょっとお金が足りない」「今月出費が多くて生活が厳しい」などちょっとお金が足りない方におすすめなのが、『消費者金融カードローン』です。

即日借入ができる会社も多く、銀行カードローンに比べても審査は通りやすいでしょう。

また、アイフル※1やアコム※2など審査通過率を公表している会社もあるので、選ぶ際の指標にも最適です。

反対に、借入を急いでいない方や高額の借入を考えている方には不向きでしょう。銀行カードローンに比べて、金利も高めなことも特徴です。そのため、少額のお金を借りて短期間で返す方におすすめでしょう。

※1 2023年7月の通過率は37.0%
出典:アイフル月次推移 (2023/4~2024/3)

※2 2023年8月の通過率は42.0%
出典:アコム マンスリーレポート(2023年4月~8月)

消費者金融カードローンも銀行カードローンも原則としてどのように使っても自由です。そのため、審査の段階で借入の理由などは聞かれません。

借入を検討するなら『カードローン』がおすすめ

リボ払い カードローン
金利 年15~18%程度 年2.0~15%程度
審査 あり あり
利用回数 限度額内なら何度でも 限度額内なら何度でも
カード クレジットカード ローンカード
使い道 原則自由 原則自由
利用方法 クレジットカード利用時に使う ATMから借入をしてから使う
返済方法 口座引落、銀行振込、ATM、繰上返済OK 口座引落、銀行振込、ATM、繰上返済OK

リボ払いとカードローンの違いについては上記の通りです。

ここまでの結果から、金利が低いカードローンを利用するのがおすすめでしょう。

次にリボ払いと比べて、カードローンのどこが優れているのか紹介していきます。

カードローンの方が金利が安い

上記の時からみてわかるように、リボ払いとカードローンは金利が大きな違いの一つです。

毎月の返済額とプラスして返していく必要があるので、少しでも安いほうがいいですよね。

中でも『銀行カードローン』は金利が安いので、完済までの金利負担は軽くなりますよ。

銀行カードローンの中には、同社のサービスを利用していると更に金利が安くなるなどの特典を用意している会社もあります。

ATMから気軽に借入ができる

リボ払いはクレジットカードが利用不可のお店では使うことができません。カードローンは提携しているATMがあれば、24時間いつでもお金の借入が可能です。

コンビニATMと提携しているカードローンもあるので、旅行先などちょっとした出費の際にも便利。手数料や利用料は不要としているところも多いので、気軽に使用できますね。

リボ払いからカードローンへの借り換えはできるのか?

ここまでカードローンのメリットを紹介し、リボ払いから借り換えようかなと思った方もいらっしゃるのでは?

もちろん借り換えは可能です。ここからは借り換えのメリット・デメリットを紹介していきます。

借り換えるメリット

  • 金利を下げられることが多い
  • 管理をひとまとめにできる

一番のメリットは金利が下げられることです。リボ払いでは金利額が高額で、完済まで時間がかかる方が多数いらっしゃいますので、返済までの負担も軽くなりますよ。

他にも複数の会社でリボ払いを利用している場合、一社にまとめることも可能です。まとめることで、管理も楽になり返済漏れなども防げるでしょう。

借り換えるデメリット

  • 審査に合格する必要がある
  • 金利が下がらない可能性もある

カードローンを利用する際は必ず審査に合格する必要があります。収入に対しての借入希望額や、これまでの支払いに問題がなかったかなどが審査の対象です。

借り換え先によっては、金利が下がらず上昇してしまうことも考えられます。借り換え先を選ぶ際は慎重に選びましょう。

選ぶ際の参考として、返済シミュレーションが便利です。借入希望額や金利を入れるだけで、毎月の返済額や完済までの期間を簡単に算出できます。

おすすめの銀行カードローン

借入を検討している方は、カードローンの中でも金利が安く済む『銀行カードローン』がおすすめです。これから紹介する2社は審査の時間も比較的短く、コンビニATMからすぐにお金を引き落とせるなど利便性も優れています。

もちろんリボ払いから借り換えも可能です!

セブン銀行カードローン

出典:セブン銀行カードローン

ポイント

  • 金利(実質年率)は12%~15%
  • 最短当日に借入可能
  • 借入や返済時の手数料は0円

特徴

銀行系としておすすめできるのが「セブン銀行カードローン」です。

一番の特徴は最短で申し込んだ当日に借入が可能なこと。全国にあるセブン銀行のATMから利用できるので、使う場所を選びません。

金利は12%~15%とカードローンの中では平均的です。リボ払いと比べて低めなので、乗り換えて損はないでしょう。

セブン銀行カードローンについて詳しくは下記を参照ください。

口コミ

年の瀬が迫っている12月の終わりに、はじめてこのカードローンを利用しました。使ってみて一番良かったのは、年末に近い頃で審査などに時間がかかるのでは、と思ったのにすぐに承認されたところです。審査時間が短いことは、急にお金が必要になった人には特にうれしい点だと思います。他の会社や銀行のローンと比べると、貸出のATMがいつも足を運ぶ近所のスーパー内にあったり、借入までがスムーズだったりして、ここのローンサービスは特に便利でした。今回好印象だったので、必要があればまた借り入れするかもしれません。
kyukさん

- 出典:みん評

私は自営業を営んでいる者ですが、生活費に困った時期があり、思い切って申し込んでみました。もともとセブン銀行の口座は開設していたので、申し込みはとても簡単でしたね。審査結果も予想以上に早く出て、限度額30万円まで借りることが可能になりました。また近所にはセブンイレブンのコンビニがたくさんあり、どこでもお金を引き出せます。実際にカードローンを利用してみると、金利も良心的なので、とても利用しやすいです。ATMからまとめて返済することも可能ですし、利用可能額もネット上ですぐに確認できます。これまでいくつかのキャッシングサービスを利用してきましたが、個人的には一番便利でした。
まさしさん

- 出典:みん評

※口コミはすべて原文のまま掲載しています。

口コミからも申し込みから借入まで早くて驚いたという意見が多く、急いでお金を借りたい人にはピッタリなカードローンでしょう。

基本情報

金利(実質年率) 12%~15%
申込から借入までの期間 最短翌日
借入限界額 10万円~300万円(初回のみ上限50万円)
借入・返済手数料 0円
保証会社 アコム株式会社
借入方法 ダイレクトバンキング、セブン銀行ATM
返却方法 口座振替、ダイレクトバンキング、セブン銀行ATM
その他 セブン銀行の口座が必要

住信SBIネット銀行カードローン

出典:住信SBIネット銀行カードローン

ポイント

  • 金利(実質年率)は2.49%~14.79%
  • 他社からの乗り換えにも対応
  • 申し込みはスマホで完結

特徴

住信SBIネット銀行カードローンは、金利が2.49%~14.79%とカードローンの中でもかなり低い位置にあります。
また、プレミアムコースなら更に金利が1.59%~と下がることも特徴です。残念ながら、審査の基準は非公開となっています。

「かんたん診断」を使えば、借入額や金利がわかるので、利用前に試してみてください。

住信SBIネット銀行カードローンについて詳しくは下記を参照ください。

口コミ

カードローンと聞いて、あまりいいイメージがないかもしれませんが、大手の銀行ということもあり、安心して借りれました。最初は少ない枠からですが、徐々に大きな金額を借りいれることが可能です。仮審査に最短60分ということもあり、急ぎで借り入れを希望する方にもってこいです。また、なんといっても金利が低いのがオススメの点です。年100万円で年7.39%と、抜群に低い金利ですね。大手コンビニとも提携しているため、とても便利なカードローン会社だと思います。
ただし、カードローン契約後のコース変更は原則できないため、要注意です。
竜光さん

- 出典:みん評

80万円を借りた際に、割り振られたコースが基準金利が他社よりも安い年7.89%だった事に満足できており、金利が安いために支払いにも苦労していません。最高限度額も他社と比べて高かったです。
申込だけでなく借入や明細チェックも、インターネット越しに完結できるおかげで、仕事が忙しい時期でも利用しやすくて助かります。仮審査にかかる時間が短かったのも、ミスターカードローンを選んだ理由です。スタッフの対応の良さにも満足しており、金利に関する説明の分かりやすさも気に入りました。
ハヤサカさん

- 出典:みん評

※口コミはすべて原文のまま掲載しています。

金利の低さや、支払いにも困らなかった口コミが多く、利用者は皆さん満足されていることがわかります。

基本情報

サービス名 住信SBIネット銀行カードローン
金利(実質年率) 2.49%~14.79%
借入までの期間 1週間~10日程度
利用限度額 最大1,000万円
WEBからの申し込み 可能
利用可能年齢 満20歳以上満65歳以下(申込時の年齢)
口座開設 必要(申し込みと口座開設は同時に可能)
運営会社 住信SBIネット銀行
保証会社 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

カードローンの会社や審査に合格するコツなどを詳しくまとめた記事もあります。こちらも参考にしてみてください!

【まとめ】メリット・デメリットを知って便利に使ってください

ここまでリボ払いとカードローンについて紹介してきました。

どちらもお金を借りることができる方法ですが、特徴などを知らずに使うと完済までに時間がかかるなど注意すべき点も存在します。
利用する際はリボ払いとカードローンのメリット・デメリットを把握したうえで、借入をおこなってください。

前の記事

審査なしのクレジットカードは存在しない!|合格のコツ...

次の記事

カードローンの在籍確認とは|周囲にバレないコツや確認...

関連記事

2023/11/09

リボ払いの返済が終わらないには理由があった!借金地獄から抜け出す方法も紹介

2023/09/07

リボ払いが「やばい」理由とは?特徴や上手な使い方を知って賢く利用しよう!

2023/09/19

カードローンは危険?リスク回避のための上手な借り方や返済方法まとめ